スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆梅のワイン煮

うめ

「いただきます」という言葉は、
もともと「あなたの命を頂きます」という意味らしい。

人が生きていくためには、動植物の命を摂取しつづけなく
てはならないから、食事のたびに
こうやって自然に感謝してきたんだね日本人って。

やがて世界中で食糧危機なると言われてる今だからこそ、
今日も自然の恵みに感謝してちゃんと「いただきます」
をかみしめて言わないとな。

週の始まりに相応しく、今日は真面目モードにしてみました(笑)

さて、これも日本古来の食の知恵です。
昔知人から頂いてとっても美味しかった梅のワイン煮。
思い出して作ってみました。一粒食べれば夏パテもさよならですよん。


☆梅のワイン煮

■覚書(梅一キロ)
1青梅(黄色でもOK)は洗い、竹串でへたをとり、まち針で18ヶ所くらい
穴をあける。
2鍋に梅がかぶるくらいの水を入れ、手でまぜながら茹で、手が熱く
なったら水を取り替える。これを三回繰り返す(鍋の底に梅がふれるのを防ぐ)
ざるにあげて水を切る。
3ワイン(白でも赤でも) をひたひたに入れ(たぶん1リットルくらい)
梅の80%のグラニュー糖を火にかけながら三回にわけて入れ、
弱火で15分くらい煮れば完成です。


にほんブログ村 料理ブログ おかずへ




スポンサーサイト
こんにちは★

モニ

Author:モニ
ようこそ台所劇場へ!
つまんないことにこだわりながら、日々を過ごしている
散文書きの女です。料理は「ひらめき」のみっ
難しいこと抜きで夜7時30分から作れるものをアップしてます

作品たち★
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
劇団員になります?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。