スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆荏胡麻の肉包み焼き

えごま1

古墳時代から現代までの頭蓋骨の分析から
「東日本はのっぺり顔」の傾向であることが判明したと
昨日の朝刊にのっていた。

これは日本人類人額大会で発表されたもので
古墳時代から立体化が進み
江戸時代には鼻筋が通った現代人並みの顔の形は
近畿や九州北部の人達。
これに対し、関東や東北では比較的だんご鼻(私ね)
など平坦な顔が多く、
北海道は、近世までほかの地域にくらべて立体的だったとあった。

ふーん。そんなの今頃いわれなくたって
南の人は濃いし、北の人も彫りが深いのは知ってたさ。
ほら、強い日差しや雪から目を守ったりしなくては
いけないでしょ。だから3Dになったのさ、きっと。
私は関東から出たことない。わかっている先祖も
東京だ。だから彫は浅くあっさりだんご鼻なんだ。チッ。


☆荏胡麻の肉包み焼き

いつもの様にアバウトなレシピ(大葉でも良いよー)。
1.豚挽肉に塩を少々入れて粘りが出るまでよく練る。
2.肉と1対1になる量の厚揚げを崩して入れ、ごま油、塩・胡椒をし
さらに練る(厚揚げは水切りしなくても良いから便利です)
3.,葱と生姜の微塵切りをお好みの量をいれたら
えごまで包む。こんな風に

えごま2

4.包んだものに軽く小麦粉をまぶし、卵液につけて、フライパンで焼きます。ポン酢やチリソースなどでどうぞ

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

にほんブログ村 料理ブログ おかずへ










スポンサーサイト
こんにちは★

モニ

Author:モニ
ようこそ台所劇場へ!
つまんないことにこだわりながら、日々を過ごしている
散文書きの女です。料理は「ひらめき」のみっ
難しいこと抜きで夜7時30分から作れるものをアップしてます

作品たち★
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
劇団員になります?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。