スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペペロン蕎麦

ぺぺ論


高知産の茗荷を買ったら
「ミョーガのミョー」ちゃんという名前がついてました。
野菜の名前って、よーく見ると面白いですよねぇ
「らりるれレタス」とか、ミニトマトの「甘えん坊」とか
こまつみどり(小松菜)・さつきみどり(いんげん)とか。。
ほとんどダジャレの世界だけど、憎めませんねぇ。


さて、私は麺食いなんで、毎日でもウエルカムなんですが、
今日は趣向を変えて、変わりソバを出している
お蕎麦屋さんの味を再現してみました。
固めに茹でたお蕎麦を、ちょいと辛いオイルと和えた和風のペペロンチーノ。

茗荷のミョーちゃんとクレソンなどの香味野菜もたっぷり。
作り方は、ペペロンチーノとほとんど同じです。


☆ペペロン蕎麦

(約160gを目安にしています)
1.フライパンにオリーブ油大さじ4とみじん切りにしたにんにく(大さじ1が目安)、赤とうがらし1本を入れ、中火にかける。沸騰してジュワーッと泡立ってきたらじゃこをひとつかみ入れて弱火にし、焦がさないように時々フライパンを揺すりながら、じっくりといためます。
2.いったん火を止めて蕎麦のゆで汁(そば湯)大さじ2を加え、よく混ぜて乳化します。
3.再び中火にかけてトロッとするまで少し煮詰めます。
4.ゆで上がった蕎麦の湯をきって加え、フライパンの中の汁けをからめたら、味を見て塩、こしょうで調えます。器に盛り、茗荷、クレソンをたっぷりのせます(食べる時にまぜるとクレソンがいい感じにくたっとします)


とま
※これが「甘えんぼ」トマト。他にも「おいしい菜」「たべたい菜」とか色々な野菜の名前を見つけました。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ



スポンサーサイト

茄子味噌の昆布焼き

なすみそ


茄子、味噌、胡麻。これはまずいはずがない。
日本人だったら誰もが大好きな味じゃないだろうか。
だけど、味噌と合わせると地味どころか、
とっても汚い色気になってしまうのが難点。
そこで、地味に「Theおかず」として登場するこの子達を、
昆布のボートに載せて、オーブントースターで焼いてみました。
一気に主役の座へと駆け上がらせる作戦です。

炊きたてのご飯と食べると相性抜群、食欲増進!
酒の肴にすると、何杯でもイケます。
昆布が出汁となっていい仕事している、地味ながら旨いおかずです。


☆茄子味噌の昆布焼き

■作り方
1.茄子一本をさいの目に切り、ごま油で柔らかくなるまで炒めます。
2.味噌大さじ4、酒・味醂大さじ1、砂糖小さじ2を、炒めた茄子にからめ、胡麻、葱のみじん切りも混ぜます。
3.キッチンペーパーでさっと拭いた昆布の上に2をのせ、オーブントースターで焼き色をつけます。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

たまとうふ

炒り豆腐


☆たまとうふ

くたびれて、アニマル浜口ばりに気合いを入れなくてはいけない時、
時間がないのに、一品足りない時、妻や母が留守で困った時、
お豆腐と卵さえあれば、なんとかなるレシピの紹介です。

いや、レシピなんて呼べるもんじゃないんですけどねー。
じゃいきますよ。約4分半でできますからね。


まず、木綿豆腐半丁を手でちぎり、皿にのせレンジで約3~4分加熱します。
加熱している間に卵1個を溶き、お醤油をちょっとたらします。

チンがなったら、取り出しましょう。あ、熱いですから気をつけて下さいね。
ささ、お玉などで抑えたら、いっぱい出た水をしっかり切りましょう。

すかさず、そこに溶いた卵をいれてぐるぐるかき混ぜます。
余熱で混ぜるので豆腐のカルボナーラみたいですよ。

塩昆布、おかか、胡麻、葱等を投入し、味見。薄かったら昆布や醤油を足して下さい。
そして再びレンジで約30秒加熱。また軽くかきまぜておわり。

炒ってないので「たまとうふ」という名前にしました。
簡単でしょ?誰が作っても失敗なし。そこだけ自信があります☆


おじゃが酢

これは「おじゃが酢」。
スライスしてさっと茹でたじゃが芋に、
酢と砂糖を大さじ1、生姜のしぼり汁小さじ2を混ぜたものをかけます。
茗荷、大葉、じゃが芋の食感がけっこうイケる箸休めでーす。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

☆白身魚でサルティンボッカ

サルティン


サルティンバンコじゃありませんよぉ。ボッカですよ。
と、ここまで書いて急遽「サルティン・ボッカ」の意味を調べました。
イタリア語で「口の中に飛び込む」つーらしいです。
因みにアクアパッツァは、「奇妙な水」あるいは「狂った水」ですって。
意味わかんないよ(笑)

さてこの料理、本来は子牛にセージ、生ハムで作るのですが、
手に入らないので、白身魚でアレンジしています。
名前を聞くと難しい気がするけれど、至極簡単。
肉と魚の両方を食べている欲張り感覚が味わえます。
貴方の「お口の中に飛び込ませて」いただければ幸いです。


☆白身魚でサルティンボッカ

■材料
白身魚の切り身(鱈やスズキ等)/3切れ
にんにく/1片
セージ/ 葉を9枚 ※ハーブならなんでも
生ハム/9枚
白ワイン/カップ1/2くらい
黒胡椒/少々
オリーブオイル/適量
小麦粉/少々
バター/8g
レモン汁/少々
つけあわせにアスパラ等
■作り方
1.白身魚の骨を取り除き、3等分に切る。
2.1の上にセージをのせ、生ハムを巻き、小麦粉をはたく。
3.フライパンにオリーブ油、たたき潰したにんにくを熱し、2を焼き色がつくまで焼く。
4.3を取りだし、ワインを入れ軽く煮詰める(この時に付け合わせの野菜を入れて煮る)
5.3を戻しバターを加え、レモン汁、胡椒を入れて完成です。
※生ハムの塩だけで仕上げますが、足りない場合は塩を足して下さい。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


茄子の納豆そぼろあんかけ

なす納豆


日本人の食生活は変わったといわれるけれど、
善玉コレステロールを増やしたり、老化防止に役立ったり、
美味しいだけじゃなく、体内でも大活躍してくれる納豆って、
つくづく、マメな働き者だと思います。

さて、1日1納豆を目標にしている私が、
最近「ナイスな味じゃないの」と自画自賛しているのが、
この「納豆そぼろあんかけ」であります。
納豆を加えると独特の風味とコクがでるため、
油で炒めた茄子とも、いい感じにコラボしてくれます。


☆茄子の納豆そぼろあんかけ

■材料
茄子/2本
納豆/1パック
挽肉(鳥でも合挽でも)/25gくらい
葱/少々
胡麻油/大さじ1~2
めんつゆ/適量
片栗粉/適量
生姜のしぼり汁/少々
■作り方
1.茄子は好きな大きさに切り、熱が入りやすいように細かく隠し包丁を入れます。
2.鍋に油を熱し、蓋をして柔らかくなるまで焼きます→(茄子のじくじく焼き参照)
3.2を取り出した鍋にひき肉を入れ、色が変わるまで炒めたら、めんつゆを入れ片栗粉で餡を作ります。
4.透明になったら叩いた納豆と小口切りにした葱を入れ、生姜のしぼり汁を加え味を調えます。


カレーマーボ

餡の味が濃くなり、水を加えたらあまってしまったので、
カレー粉と、豆腐を入れて急遽「カレーマーボー」に。
ありゃお得。2品できちゃった☆


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


ジャリコ

ジャリコ


え~銀座には、銀座にありながら、異空間のような磁力を発している
体育会系のスパゲティ専門店があります(男性客98%でしょうか)。

その名も「ジャポネ」。B級グルメの聖地として小山薫堂さんをはじめ、
文化人系にも超人気の行列ができる店なのですが、
これがうどんのような極太麺で、大盛り。油っこい。
正直、興味本位で行きましたが、女性には重すぎました。
なんか怪しい液体もかけてるしね。

が、そこには人を魅了する何かがありました。

お洒落なパスタが多い中、今日はあえて
アルデンテも、茹でたても関係ない
このザ・ジャパニーズスパゲティを作ってみました。

数多いメニューの中から大量に入る油を少なめに、
女性、子供にも受けやすいよう家庭風「ジャリコ」にしました。
あ、ジャリコの意味は大葉が入った醤油味だからなそーな。

決め手は、炒める、小松菜、トマト、にんにく醤油(怪しかった液体)!。
味は、バター醤油ニンニク味に大葉がガツンと効いている感じです。
トマトが入っていますが、トマト味ではありません。
焼きそば感覚の元祖日本人ためのスパゲティです。
※しいたけも入るのですが、なかったので入れてませーん。

☆スパゲティ「ジャリコ」風

■材料
パスタ/160g
小松菜/半束
玉葱/1/2個
トマト/大1個
豚バラ肉/50g
大葉/5枚~8枚くらい
唐辛子/1本
パスタのゆで汁/大さじ2
A
にんにくのみじん切り/1片
醤油/大さじ2
味醂/大さじ1
******
塩・胡椒
バター/少量(風味をつけます。今ないからね~)
オリーブオイル/適量

■作り方
1.Aをまぜタレを作っておきます。
2.パスタは茹でてザルにとりオリーブオイルをからめておきます。(ゆで汁はとっておきます)
3.豚バラ肉(ベーコンでも)をチリチリになるまで炒め、大葉、トマト以外の
好きな大きさに切った野菜を強火で炒め、塩・胡椒します。
4.3にパスタを入れ、ゆで汁を入れ、タレをからめ一気に強火で炒め、大葉を投入!
仕上げにバターを入れて完成です。




にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


セロリの塩きんぴら

塩きんぴら


家の旦那は、いい大人になってもセロリが嫌いでした。
「がんばってみるよ やれるだけ~♪」
「がんばってみてよ 少しだけ~♪」
なーんて夫婦の会話があったのか、遙か昔過ぎて忘れましたが、
ある日、あまり熱を通さずサッと炒めて出したら、
すっかりファンになり、どんなセロリ料理も大丈夫になりました。
今じゃ葉もたっぷり刻んだバージョンにグレードアップ。
炒める時間はほんの1分くらい。強火でジャジャジャーがポイントです。
仕上げにお酢もちょこっとね。

☆セロリの塩きんぴら

■作り方
1.セロリ1本を好きな大きさに切り、葉も少し刻んでおきます。
2.胡麻油大さじ1+ラー油小さじ1を熱したフライパンで、
1を強火で炒め、出汁(顆粒でもなんでも)大さじ1、強めに塩・胡椒します。
3.仕上げにお酢を小さじ1入れて完成です。生に近い感覚の方がおいしいです。



村上


基本的にミーハーなので、巷で噂の
半年待たないと買えないクッキー(5000円。ヤフオクではもっと高額です!!)
であまりにも有名な京都の「村上開新堂」本店に行きました。
もちろん、ここでも予約してないので購入できませんが、
ロシアケーキを買ってみました。お味は「素朴」な感じ。
ま、わざわざ感がいいのでしょうねー。


クッキー

しかし、何故いまさらロシアケーキなのか。
話題に踊らされたおばさんには、あまり感動はなかったです。
「量産していない」という付加価値がついて、きっと人気があるんだろうなー。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

トマトマーボー

トマトマーボー


じゃーん。今日も昨日に続いてトマト登場!!
実は、たくさん買いすぎたから消耗大作戦なのであります。

ヘタリ気味な週末のテンションをいきなりトップギアに入れてくれる
本日のメニューはこれっ。
ピリリとした辛さと酸味が効いた「トマトマーボー」。
そのまま食べても充分美味しいけれど、
旨味がぐんと引き出される熱を通したトマトは、
ひとくせある調味料とも相性がいいですね。
今回はロッキンさんがピーナッツバターを入れてたのを思いだし、
練り胡麻もプラス。坦々風に仕上げました。


☆トマトマーボー

■材料
豚ひき肉/200g
木綿豆腐/2丁
トマト/中2個
A
にんにく(みじん切り)/小さじ1
生姜(みじん切り)/小さじ1
豆板醤/大さじ1
甜麺醤/大さじ2
トーチ(あれば) /少々
山椒(あれば) /少々
 B
鶏がらスープ/1カップ
ねぎ/1/2本(みじん切り)
片栗粉/適量
ごま油/適量
醤油/小さじ1
酒/大さじ1
塩/少々
ラー油/少々
練り胡麻/大さじ2
■作り方
1. フライパンに胡麻油を熱しひき肉を強火でよくいためる。
2. 一度火を止めAを加えて再び強火にかけ、いため合わせ火を止めておく。
(この後、手間でなければお豆腐を塩を入れた湯でさっと茹でて下さい)
3. 豆腐とざく切りにしたトマトを2に加え、B入れ煮詰める。
5. 火を弱め、ねぎを加え、水溶きかたくり粉でとろみをつけ、
仕上げにラー油をサッと混ぜて完成です。


☆今日は、仕事を終えてから「そうだ京都へ行こう」に行ってきます。
飯炊きの日々から、ちょいとエスケープ(笑)。
では、みなさんよい週末を~。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ



トマトの肉詰めロースト

とまと



もうすぐ夏ですねぇ。一生に80回くらいしか巡ってこない夏ですよ!!
せっかくですから、愉快に楽しく過ごしたい。いや食べたい。
ってことで、元気な野菜の代表(いや実は果物なんですよね)
真っ赤なトマトを使った肉詰めです。

ピーマンの肉詰めと同じですが、
トマトに入れると、もっと・とってもジューシー。
ソースなしでも、器のトマトがいい味を出してくれます。
チーズをのせたり、パン粉をのせて焼いてもいいですね~。


☆トマトの肉詰めロースト

■トマトの大きさによって違うので参考までに作り方です。
1.トマトはカップになるように、厚めにくり抜きます。とった果肉は刻みます。
2.ハンバーグを作り、1の果肉も入れ混ぜます。
牛ひき肉/200g
玉ねぎ/1/2個
パン粉/1/2カップ
牛乳/大さじ4
塩・胡椒/少々
ナツメグ(パウダー)/少々
卵 /1個
ウスターソース/小さじ2
醤油/小さじ2
これを4等分し、丸くまとめ空気を抜き、形を整えトマトに詰めます。
味付けは少し濃いめにした方がトマトと合います。
3.耐熱容器にトマトの肉詰めを入れ、180度のオーブンで約13~15分焼きます。
※下に汁が溜まるのを目安にして下さいね。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


サラダな酢豚

☆サラダな酢豚

サラダな酢豚

サラダな酢豚


前は仕事が終わると電車の中で頭が夕飯のオカズになっていました。
が、最近はここに載せるために、何を今まで作ってきたか
思い出す作業になりました。なーんたっていい歳だから
ついさっきの事まで忘れちゃうからねー。

でね、やっと蘇ったのがコレです「サラダな酢豚」。
薄切り肉と生野菜だけど、ソースが甘酢なのでなんと言われようと「酢豚」です(笑)。
真ん中にあるのが「黒酢だれ」。これにつけて食べます。

手巻き寿司の様に野菜を巻いて食べるので、
サラダ仕立てといったところでしょうか。カロリーはぐんと控えめ。
お洒落~に盛りつければおもてなし料理にもなります。
今日は、さっぱりと黒酢にしましたが、
お子さんにはケチャップベースがオススメです


■材料
豚モモ肉の薄切り/200g
※下味
紹興酒 or日本酒/大さじ1
醤油/大さじ1
片くり粉 /大さじ3
※甘酢用
黒酢/大さじ2
砂糖/大さじ2(あれば黒砂糖)
紹興酒 or日本酒/大さじ1
水/大さじ2
片栗粉/小さじ1くらい
サラダ油/適量
水菜・人参・葱・生姜の千切りなどお好きな野菜。
■作り方
1.豚肉に下味をつけ、片栗粉をまぶし、フライパンで焼きます。
2.お好きな野菜を千切りにします。
3.甘酢用の材料全部を加えます。
よく混ぜてレンジで約1分強とろみがつくまで加熱します。

※ケチャップベース
甘酢の黒酢をなくし、トマトケチャップ/大さじ2、酢/大さじ2で作ります。
※今回、ちょっと肉が厚めでした。しゃぶしゃぶ用の方がくるんとうまく巻けます。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


じゃが芋de☆グラタン

クリーム


平野レミさんの焼かないコロッケを思いだし、
久し振りにちょいとアレンジして作りました。

やっぱりこの方天才です。こんなアイデアは思いつきません。
だって、じゃが芋をすってホワイトソースを作るんですから☆
それも鍋に直接する(笑)。お芋の澱粉であれよあれよという間に
ソースができちゃいます。魔法の様に。
具はなんでもいいと思います。
私はベーコン玉ねぎをいためソースを作り、最後に青菜を入れ、
チーズをふって焼きました。


じゃが芋de☆グラタン

作り方はこちらです

炒めた具に、牛乳2カップを入れて沸騰させたら、鍋の上から
じゃが芋1個を直接すりおろします。
すぐとろみがついてくるので、弱火にして後は塩・胡椒、バターで仕上げます。
とにかく、試してみれば笑っちゃう程簡単にホワイトソースができるのを実感
できると思います。


いもがら

で洋風がメインかと思えば、芋柄を煮たオカズも作りました。
なぜか「芋づくし」!計画性のない晩飯となりました。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


茄子のじくじく焼き

茄子のじくじく


茄子は大好きな野菜のひとつ。油との相性も抜群なんだけれど、
難点は油を大量に吸ってしまうこと。
そこで、約大さじ2の油でトロンとさせる「じくじく焼き」を紹介します。


☆茄子のじくじく焼き

茄子3個は縦に2つ割にし、両サイドに細かく斜めに包丁をいれます。
小さめのフライパンに油を入れ、最初は中火で約1分。
後は弱火で蓋をして、じくじく焼きます。
裏返して柔らかくなったら完成。
そのままでも充分美味しいけれど、
今日は大根おろしにトマトおろしを混ぜ、
めんつゆ仕立てにしました。


※トマトおろし/大根3cmくらいをおろし、水気をしっかり切ります。
トマト1/2個をすりおろして大根と混ぜます。
残ったトマトをざく切りにしてトッピングします。


たら


これからの季節にぴったり!!ご飯のオカズにもビールのつまみにもいい、
mekabuさんの「チャーカー」を作りました。マンネリ化してしまうお魚料理が
パンチの効いたベトナム料理に変身!!しかも簡単です。
他にも白瓜の雷干し等、美味しい料理が満載です☆
実力派のmekabuさん!!ごちそう様でした。

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


まぜまぜ冷奴

ぐちゃ


☆まぜまぜ冷奴

豆腐を軽く水切りして、手でちぎってどんぶりへ。
ざくざく刻んだ「韮」と「胡麻」をかけて、
ラー油をたらっ。ごま油たらっ。塩、胡椒。

お作法は、ぐちゃぐちゃに混ぜること。
できればテーブルに出してからの方がライブ感が出るみたい。


えっ?汚らしいって?確かにね。でも、美味しいのよぉ~。

冷奴に飽きた時に、韮や香菜など個性ある野菜を入れて。
朝ごはんに、ねぎと卵を入れてご飯にかけて、
ぐちゃぐちゃを楽しんでいただければ幸いです。


ぐちゃ2


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ




タコじゃが

たこ


タイトルから、肉じゃがを連想してしまいましたか~?
うふふ、そーなんです。ご覧の通りではありますが、
イタリアンな「タコじゃが」です。

ちょいと多めのオリーブオイルでローストしたお芋と、
ぶつ切りにした蛸に、ハーブの香りが劇的に出会ってしまった料理です。
実はこれ、よく行くビストロでリピート必須のものなんですが、
常連さんは面倒なのか愛情たっぷりに「タコじゃが」と呼ぶんです。

甘みのある新じゃがの季節だから今日は、ちょいとまねて作ってみました。
ビストロの様にはできません。あくまでも家庭風です。

☆タコじゃが

■材料
メークイーン/大3個
蛸/足を1本くらい
アンチョビ/2枚
オレガノ(パウダー)/適量
バルサミコ/大さじ1
塩・胡椒/適量
ディル/あれば適量
オリーブオイル/多めに適量

■作り方
1.じゃが芋はラップをし芯が残るくらいに電子レンジで加熱する。
2.フライパンにオリーブオイルを多めに入れ、刻んだアンチョビとオレガノ、3~4等分した1を入れ、じっくり揚げるように焼きます。(弱火にしてじっくり火を通します)
3.2に好きな大きさに切ったタコを入れ、バルサミコ、塩・胡椒で味をととのえ、あればディルを混ぜます。タコは火を通すと固くなるのでサッと仕上げて下さい。


たこじゃが

※ぶつ切りにしましたが、お刺身のタコでも大丈夫です

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ



もやし入り☆でかつくね

つくねpiece


いつも「面倒くさい」とばかり書いていますが、
なにせ、毎日帰宅が8時過ぎなもんで、ガガッと作るか、
ジャジャっと炒めるか、ドカンと出すかが家のごはんの定番になっちゃってます。
今日は、その中から時間を節約できるタイム「ドカン」シリーズです。
すいません、ちょいと受けを狙っています。ミエミエですなー。

はい、これです。モヤシ1袋でボリュームもアップできる「でかつくね」。
なんたって、フライパンに大きく広げて焼くだけだから、
まるめるのも空気抜きの手間も省けて簡単!!節約もできる!!
さらに、テキトーに作っても、もやしから水分がでるので、
あまり固くならない。さ、さ、切り分けてどうぞ~。
※写真はイメージです。普段はそのままドカンと出しています。

もやし入り☆でかつくね

■材料
・鶏ひき肉/250gくらい
・もやし/1袋
・お豆腐/1/4丁
・ねぎ(粗みじん切り)/10cmくらい
・しょうが(すりおろす)/1かけ分
・塩・黒こしょう/各少々
・かたくり粉/大さじ1
・オイスターソース/大さじ1
■作り方
1.もやしはさっと湯がいて、水気を絞りあらみじんにしておきます。
2.全ての材料を良く混ぜ、ごま油で両面を焼きます。


大つくね

フライパンいっぱいに種を手で広げて成型します。種が柔らかすぎるとひっくり返すのが大変ですが片栗粉が入っているので、大丈夫。片面焼けたらお皿にパカッと移し、焼いてない面を入れます。
大つくね

大量に紫蘇がプランターで収穫できたので最後にのせてちょいと焼きました。オイスターソースで味がついていますが、甘辛にしたり、辛子醤油で食べるのもオススメです。

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


小松菜バーグ

小松菜バーグ


フードプロセッサーを購入した時に、付録でついていた料理の本に、
ブロッコリーのハンバーグがのっていたので、
小松菜で作ってみました(あまのじゃくかいっ)

でも、繊維や栄養を壊したくないので
フープロ使わず茹でてから粗く刻みました(やっぱりあまりじゃくだっ)

緑がきれいなハンバーグだから、グリルトマトをのせたら、
あらら~。なんだか素敵。気分はすっかりベジタリアン。
葉もの、ブロッコリー素材が変わっても作れる便利なバーグです。

☆小松菜バーグ

■材料
小松菜/1束
卵/1個
パン粉/カップ1/3
ニンニクすりおろし/少々
塩・胡椒
オリーブオイル/大さじ1
トマト/1個
■作り方
1.小松菜は熱湯でさっと茹でて固く絞り粗みじんにする。
2.ボールに1と卵、パン粉、塩・胡椒、ニンニクを入れ、よく混ぜハンバーグの形にする。
3.フライパンにオリーブオイルを入れ、2を両面こんがりと焼く。
4.3をフライパンの端に寄せ、トマトを焼き塩・胡椒する。


ガイヤーン風

and

鶏手羽にお酒をふって蒸し器で約10分(手羽先はフォークで数箇所突くか縦に切れ目を入れる)。後は、スイートチリソースに薄口醤油をちょこっと、レモンちょろっとを混ぜて焼いた、ガイヤーン風。ベジタリアンハンバーグのお友達は、なぜか肉なのだ☆


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ




「主食」ロール焼きおにぎり

焼きおにぎり


海苔が届いたので早速レシピをアップします。

とってもノーマルなんですが、焼きおにぎりです。
1個、1個握るのが面倒だったので
ご飯におかかを入れて、醤油味をつけて、ロール状にしました。
フライパンでコロコロころがして焼くだけなので、
均等に「焼き」が入るのがいいところ。
海苔はちぎって真ん中にのせているから
1枚がペロンと取れることがないのも、いいところ。

でも、切り口がきたなくて美しくないのは、よくないところ。


☆「主食」ロール焼きおにぎり


■作り方
1.ごはん茶碗1杯強のごはんに、大さじ2のお醤油とおかかを適量混ぜ込みラップに広げます。
2.1の上に、海苔をちぎってのせます。
3.海苔巻きのように端から巻き、両端をぎゅっとねじって空気を抜きます。
4.ラップをはずし、フライパンで焼き目をつけ、食べやすい大きさに切ります。


焼きおにぎり

※娘が小さい頃に、保育園の先生に教えてもらった、海苔ちまちま貼り付け作戦。
小さな子供の「おにぎり」を作る時にも、この方法なら海苔とご飯が合体して、
食べやすいです。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ




うどんカレーナーラ

うどんナーラ


乾麺のうどんって塩味がついているじゃないですか
なので、私は時々パスタのかわりに使ったりします。
本日は、固めに茹でて、うどんカレーナーラにしてみました。

ちょいと前ブームだった巣鴨の古奈屋さん風の
マイルドでクリーミーな味です。麺は細麺タイプがオススメです。
隠し味には生姜とめんつゆを使ってます。


☆うどんカレーナーラ

■材料
うどん/80gを3束
ベーコン/4枚くらい
玉葱/1/2個
A
卵(室温にもどしたもの) 2個
生クリーム/20cc
粉チーズ 大さじ3
牛乳/50cc
カレー粉/大匙2
生姜のすりおろし/小匙1
めんつゆ/小さじ1
******
粗びき黒こしょう/少々
クミン/あれば少々

■作り方
1.Aをよく混ぜ合わせる。ベーコンは1cm幅に切る。玉ネギは縦薄切りにする。
2.フライパンにベーコンを入れ、中火でカリカリになるまでしっかり炒め、玉ネギを加えて炒めあわせ、冷まして1に加える。
3. ゆで上がったうどんの汁気をきり、2に加え、手早く全体に混ぜ合わせる。
4.器に盛り、粗挽き黒コショウ、あればクミンを振り掛ける。


まぐろかつ


新鮮なお魚料理や焼き鳥など、見ているだけで目の毒なお料理が満載 !!
小太郎さんのまんぷく日記から、鮪の串カツを作ってみました。
鮪の冷凍の柵が安い時に是非トライしてみて下さい。
柔らかくてとっても美味しいこれはオススメです。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


じゃがピザ

ピザ


はちみつの食卓のバブちゃんのピザを見て
どーしても食べたくなったけれど、
生地は作る時間がないので、
じゃが芋をスライサーで千切りにして
ピザもどきにしました。
ガレットの上にトマト、バジル、チーズをのせた
お手軽バージョンです。


☆じゃがピザ

ぴざ


■作り方
1.じゃが芋2個をスライサーで千切りにし、水にさらさず、すぐ塩・胡椒する。

2.オリーブオイルを熱したフライパンで両面をこんがり焼いたら、スライストマト、バジル、
チーズをのせて蓋をする。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


Mrs.SIMAのスペアリブ

スペアリブ


今日はガッツリ肉系です。
これは、同級生のお友達に教えてもらった、臭くないスペアリブ。
あっという間にみんなに伝わった、大好評のレシピです。

酢を使ってるので骨ばなれが良く、とっても柔らか~
肉の下処理もきちんとしているので、くせもありません。
大人も子供も大好きな味☆超おすすめです。


☆Mrs.SIMAのスペアリブ

■作り方(SIMAちゃん口調でお届けします)

1.鍋にたっぷり水(水じゃなきゃダメ)と骨付き豚ばら肉7~800gを入れ、
一煮立ちさせたらすぐにざるにあげる。

2.もう一度なべにたっぷりの水と肉を入れて、
アクをとりながら中火で約1時間ゆでる。(骨から肉が取れるまで煮てはダメ。)

3.生姜とにんにくのみじん切りをオイルで炒め、香りを出し、
湯がいた肉を入れ、軽く焦げ目をつける。

4.肉がヒタヒタになるまで調味料を入れ(足りないときは水を足す)中火で20分煮る。
煮汁が少なくなると焦げるので気をつけて。
調味料/酒/1CUP
醤油/1/2CUP
酢/1/4CUP
砂糖/ 大さじ1
スープの素/ 1コ
ケチャップ/ 大さじ1
ママレード/大さじ2



にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


豆腐のチーズパン粉焼き

チーズバン粉


☆豆腐のチーズパン粉焼き

娘も大人になって、夕飯がいらない日が多くなると、
ご飯作りに、どーも愛情を込められない。
だって、面倒だし、旦那と二人なんだもん。

だから刺身を買ってきて、蕎麦を茹でて、
冷凍してあった切り干し大根をチンして、作ったのはこれだけ。

じゃーん。豆腐のチーズパン粉焼き。
細かいパン粉にパルメザンチーズ、塩・胡椒、
ハーブを混ぜて、チンして水切りしたお豆腐にぎゅぎゅっと
押しつけるようにまぶして、
オリーブオイルとニンニクを入れたフライパンでこんがり焼くだけ。


チンしたお豆腐の水気をとりすぎるとパン粉がくっつきにくなるので、
適度な水気を残しちゃって下さい。
固くなったバケットで作ったパン粉だと、とっても美味しくなります。
さらに、淡白なお豆腐だから塩味はしっかり&チーズもたっぷり
使った方ががいいです。



にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

とまとん汁

とまとん


いやーもーどうしましょうねー。6月になったのに、
昨日に続いてまたまた「鍋」登場ですよ。
こう、うすら寒いと温かいものが欲しくなるのも無理ないか。

てなわけで、本日は豚汁をベースにトマトを入れた
和風ミネストローネ風「とまとん汁」を鍋仕立てに。
具はなんでもいいです。冷蔵庫の在庫整理感覚で野菜をたっぷり使えば。
因みに昨日は春らしく、きゃべつ、人参、大根。
さらに、ズッキーニをチョイスしました。

トマトだけは忘れずに。じゃないと「とまとん」になりません。


☆とまとん汁

■材料
豚ばら薄切り肉/100gくらい
大根/5cm
にんじん/1/2本
ごぼう/1本
ズッキーニ/1本
トマト/大3個
味噌/適量
だし汁/約カップ4
ごま油/適量
すり胡麻/大さじ1
■作り方
1.豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、きゃべつもちぎり、大根・にんじんはいちょう切り、ズッキーニは輪切り、トマトはざく切りにする。
2. 鍋にごま油を熱し、肉をしっかり炒めたら、全ての材料を加えて炒める。
3. 2にだし汁を入れ、煮立ってきたらアクを取り除き、野菜がやわらかくなるまで煮る。
4. 3の火を弱め、味噌を溶き入れ、沸とう直前で火を止める。
5.仕上げにすり胡麻と胡麻油をちょろっといれて完成です。


とまとん

トマトと味噌の相性がバッチグ~です。豚肉をしっかり炒めることでコクがでます。

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


炒めなます

炒めなます


昨日は寒かったので、簡単な野菜鍋と焼きそば、
鰹のたたき、お浸しと、はちゃめちゃな献立の夕飯となりました。
食べたいものをセレクトすると、まあいつもだいたいこんな感じです。

さらに、煮物に使わないとなかなか消費できない大根が、
冷蔵庫の下の方で少々「しんなり」君に変身していたので
挽肉、人参と合わせて金平風の味付けに。
仕上げにお酢をほんの少し加えて炒めなますにしました。

☆炒めなます

■材料
ひき肉/100gくらい
大根/1/2本
人参/1本
赤唐辛子/1本
A
酒/大さじ1
味醂/小さじ2
醤油/大さじ2
****************
酢/小さじ2
ごま油/大さじ1
ナンプラー/お好みで
■作り方
1.赤唐辛子はぬるま湯につけてふやかし、種をとって小口切りにしておく
2.フライパンを熱し、挽肉と1を入れ、焼き付けるようによく炒める。
3.大根、人参を千切りにし2に加え、少し食感が残るくらいに炒める。
4.Aで調味し火を止め、酢、ごま油、お好みでナンプラーを入れ
余熱で全体にまわるように混ぜ合わせれば完成です。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


餃子彩々

餃子


☆餃子彩々

さあ、一週間の始まりです。今週も頑張っていきまっしょい。

今日は餃子です。普通の家庭餃子です。
でも、これが、なかなかジューシに仕上がらないもの。
そこで、夕方のニュースで見た「裏技」を試してみました。

豚挽肉300gに対して、100ccの鶏がらスープを用意。
これに卵黄1個を溶いて加えるだけで、

あらら、中からおつゆがだくだく。
スープと肉が分離しないで、家庭餃子がお店の味になりました。
是非、是非、試してみてください。


アスパラ

これは、鶏がらスープで餡を作り、残った白身を溶いて
アスパラにかけた、貧乏人の「蟹あんかけ」。
食べれば「カニ」かも。と思わせることも可能です(笑)


きゃべつ


さらに刻みすぎた「きゃべつ」お茶碗1杯分に
ニンニクのみじん切りを入れて、塩・胡椒、片栗粉大さじ2を入れ
ごま油で焼いた「もちもちきゃべつ」です。


以上、材料を無駄にしない餃子ゼロ・ミッションでした~。

にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ


むし長芋

ほくほく長芋


☆蒸し長芋
アルミホイルで包んで蒸しただけの、蒸し長芋です。
何も手をかけてないので、レシピではなく単なる「手法」です。

いやいや、これが予想外の旨さ。
皮のまま蒸しているから長芋ならではの
「ねば」も「しゃき」も「ほっくり」も合わさった感じ。
食感三兄弟ってところでしょうか。

今日は前に書いた山椒味噌で食しました。が、
オリーブオイルと塩なんぞでも美味しいはずです。

何も披露するものがないので、本日はこれだけです。
別に休日だからといって凝った料理をするワケもなく
いつにもましてシンプル極まりないものをアップしました。
ご多用中、またせっかくの休日なのに「しょーもない料理」を、
見て下さいまして、誠にありがとうございました。


にほんブログ村 料理ブログへ

クリックお願いしま~す!
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ



こんにちは★

モニ

Author:モニ
ようこそ台所劇場へ!
つまんないことにこだわりながら、日々を過ごしている
散文書きの女です。料理は「ひらめき」のみっ
難しいこと抜きで夜7時30分から作れるものをアップしてます

作品たち★
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
劇団員になります?

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。